【2018】おすすめのビジネス本ランキング

ビジネス本,ビジネス書,経営,経済,マーケティング,自己啓発書

この記事では、最新のおすすめビジネス書をランキング形式で紹介します。

ビジネス書と言えば、昔からあらゆる世代、あらゆる職種の方々に愛されてきた代表的な本のジャンルですよね。

しかし、一口にビジネス書といってもかなり種類が多く、どの本を選んでいいのかわからないといった方も多いのではないでしょうか?

ここでは、そんな方達のために私個人が独断と偏見でおすすめする今、読んでおきたいビジネス書をランキング形式で紹介します。

ビジネス書について

そもそもビジネス書とは、その名のとおりビジネス関連の書籍の総称ですが、時代とともにどんどん新たなビジネスが生まれ、それに伴いビジネス書のジャンルも多岐にわたるようになってきています。

また最近では、経営、経済、マーケティングはもちろんのこと自己啓発書などもビジネス書に含めて扱われることが多く、年間10000種類もの新刊が出ていると言われているようです。

年間10000種類ということは、単純計算で毎日約3種類の新刊が出ていることになります。さすがにそんなに毎日新刊チェックもしていられませんよね。

そこで今回、本選びに迷っている方や未知なる本との出会いに胸をときめかせている方々のために、個人的なものですがランキングを作ってみました。

おすすめのビジネス書ランキング

では、これからおすすめのビジネス書をランキング形式で10冊紹介します。

本の種類自体は10冊とビジネス書としてはやや少なめですが、どれもおすすめの本なのでぜひチェックしてみてください!

1位:アマゾンが描く2022年の世界 すべての業界を震撼させる「ベゾスの大戦略」

アマゾンが描く2022年の世界は、大学教授、上場企業の取締役、コンサルタントという3つの顔を持つ著者が、膨大な資料と独自のメソッドから「アマゾンの大戦略」を読み解くこで、日本企業への警鐘を鳴らし、私たち自身これからの在り方について考えさせられる内容となっています。

ネット通販サイトの最大手アマゾンについて、アマゾンの経営戦略や創業者ジェフ・ベゾスの思考を分析することで、今後の展開や世界へ与える影響を読み解いていくビジネスマン必見の一冊です。

2位:AfterBitcoin(アフター・ビットコイン) 仮想通貨とブロックチェーンの次なる覇者

AfterBitcoinは、近年話題の仮想通貨について、日銀出身で決済システムの第一人者の方が詳しく解説されている今もっともホットなテーマの本です。

仮想通貨に関しては、ネットでもあらゆるサイトで取り上げられていますが、素人目にはどのサイトが正しいのか何を信じていいのかなかなかわかりませんよね。

本書では、ビットコインを通して仮想通貨の基本から最新事情まで細かく解説されており、既に仮想通貨を保有している方はもちろん、これから仮想通貨について学びたいと思っている方にもおすすめの一冊です。

3位:嫌われる勇気 自己啓発の源流「アドラー」の教え

嫌われる勇気は、心理学者のアルフレッド・アドラーが提唱する「アドラー心理学」を基に、複雑な人間関係の悩みを解決するための方策をシンプルかつ具体的に紹介した本です。

内容は、哲学者と青年との対話形式で進められており、非常にわかりやすいものとなっていますので、自己啓発本を読んだことがないという方や敷居が高そうだと思って躊躇してしまっている方にもおすすめです。

また2017年1月には、この本を原案にした香里奈さん主演の連続ドラマも放送されていたようなので、気になった方はぜひそちらもチェックしてみてください。

4位:起業の科学 スタートアップサイエンス

起業の科学は、著者自身の複数の起業経験、投資経験を基に作成した「科学的な起業」の考え方を時系列でまとめた一冊です。

著者自身の起業経験という生の情報から、事業拡大までの流れを20ステップで細かく具体的に解説されているので、とてもわかりやすく、これから起業しようという方には特におすすめです。

5位:大人の語彙力ノート

大人の語彙力ノートは、”誰からも「できる!」と思われる”をテーマに、たった一言で品と教養が伝わる「語彙力」について実践的に紹介した本です。

私は、普段なかなか耳にしない言葉やパッと思いつかないような言葉が次々に出てきて、自分の語彙力のなさを痛感させられました。

しかし、どれも新鮮でとても参考にになる本だと思ったので、これから新入社員となる方や既に働いていてもうワンランクステップアップしたいと思っている方達はぜひ読んでみてください!

6位:英文ビジネスEメール 実例・表現1200[改訂版]

英文ビジネスEメールは、ビジネスでのあらゆる場面や状況を想定したさまざまな例文を紹介している例文集です。

紹介されている例文はメールなどでそのまま使うことができ、英文ビジネスEメールの書き方の解説も詳しく書かれているので、仕事で急遽海外の方とメールでのやり取りが必要になったなんて方にはピッタリですね。

また、さまざまなシチュエーションに対応した多くの例文があるので、ビジネス以外でも幅広く活用していける英語初心者の方にもおすすめの本です。

7位:行動経済まんが ヘンテコノミクス

ヘンテコノミクスは、行動経済学の理論を漫画を通して楽しくわかりやすく学べる本です。

行動経済学なんていうと、堅苦しく小難しそうなイメージになりがちですが、この本は一切難しいことはなく子供でもすんなり読めるような内容になっています。

また漫画なので、空いた時間に休憩がてら読んだりもでき、読み物としての敷居も低いので大人から子供まで誰にでもおすすめできる一冊です。

8位:最新版「言いたいことが言えない人」のための本 ビジネスではアサーティブに話そう!

「言いたいことが言えない人」のための本は、同僚に頼みごとができない、上司に反論できない、部下を叱れないなどのコミュニケーションの悩みについて、上手に解消する方法を紹介した一冊です。

この本では「アサーティブ」という言葉をテーマに、自分の気持ちや考えを適切に伝えるためのアドバイスがされており、内容もわかりやすく実践的にまとめられているのでコミュニケーションのハウツー本としてもおすすめです。

今現在、職場でのコミュニケーションに悩んでいる方やいつも言いたいことが言えないことに悩んでいる方はぜひ一度読んでみてください。

9位:お客様は「えこひいき」しなさい! 3倍売れる「顧客差別」の方法

お客様は「えこひいき」しなさい!は顧客差別をする理由から、なぜそれで儲かるのか、実際のデータと多数の事例を交えてわかりやすく解説した本です。

衝撃的なタイトルが目を引きますが、内容はとても理にかなった顧客管理型の経営戦略となっており、昔からよく使われてきた手法をわかりやすく解説したものとなっています。

これから経営者となる方や、今接客の仕事をしている方などには特におすすめですので、ぜひチェックしてみてください!

10位:革命のファンファーレ 現代のお金と広告

革命のファンファーレは、現代のお金の作り方と使い方、最強の広告戦略、そしてこれからの時代の働き方についてお笑いコンビでおなじみキングコングの西野亮廣さんにより、新たな切り口で描かれた一冊となっています。

また、西野さんのオフィシャルブログでは、なんと「革命のファンファーレ」の前半40ページが無料で公開されているので、この本を買おうか迷っている方はぜひ一度ブログを見に行ってみてください!

西野亮廣さんのブログはこちら→ キングコング西野オフィシャルダイアリー

まとめ

いかかでしたか?

ビジネス書というと、種類も多く小難しそうでなかなかとっつきにくいイメージがありますよね。

しかし最近では、サクッと読みやすく、それでいて内容もしっかりしている本も多く出ているんです。

今回は、内容の目新しさ、本自体の読みやすさ、日常生活での利用のしやすさに重きをおいて10冊の本をピックアップしましたが、まだまだおもしろい本はたくさんあります。

このランキングを見て「ビジネス書」というジャンルに少しでも興味をもたれた方は、ぜひ一度ご自身でも本をさがしてみてください。

タイトルに惹かれて選ぶもよし、本の雰囲気で選ぶもよし、著者で選ぶもよし。本選びに正解や間違いなんてありません。

いつもはネットで本を買うという方も、一度近くの書店に足を運んで実際に見てさわってみると、いつもは目に付かなかった思いもよらなかったような本と出会えるかもしれませんよ。

本サイトでも、あらゆるジャンルの本を紹介していくので、よかったらぜひまたチェックしてみてください!

では、ここでもう一度おさらいしておきましょう。

各種おすすめの参考書まとめ

ウェブライフでは、おすすめのビジネス書・参考書・入門書などをランキング形式で紹介しています。

以下にそれらをまとめているので、よければそちらもチェックしてみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

えむ

ウェブライフで記事を執筆している「えむ」と申します。
次世代ビジネス・サービス・ガジェットなど、ネットで話題のニュースなどを常に追っています。