プラスメッセージ(+メッセージ)の使い方・設定・機能完全ガイド

プラスメッセージ(+メッセージ)の使い方・設定・機能完全ガイド




この記事では、プラスメッセージ(+メッセージ)の使い方・設定方法・便利機能・スタンプストア・ダウンロード方法・アップデート情報をまとめています。

プラスメッセージの最新情報・アップデート情報は、随時更新していきます。

プラスメッセージとは?

プラスメッセージ(+メッセージ)は、キャリア携帯の電話番号のみでメッセージの送受信ができるメッセージサービスです。

大手携帯キャリアである「「KDDI(au)・ソフトバンク・NTTドコモ」の3社が合同で提供している新しいメッセージサービスで、「打倒LINE(ライン)アプリ」を合言葉に3社で連携して提供しているサービスです。

プラスメッセージのダウンロード

プラスメッセージ(+メッセージ)は、2018年5月9日(水)にサービス・アプリ配信を開始予定です。

プラスメッセージは、専門のアプリ「+メッセージ」をダウンロードする必要があります。

iPhoneやiPadなどの「iOS版」、GALAXYやXperiaなどの「Android版」で、アプリのダウンロード方法は異なります。

iOS版のプラスメッセージダウンロード

iPhoneやiPadでプラスメッセージをダウンロードするには、以下のApp Storeから「+メッセージ」アプリをダウンロードする必要があります。

iOS版「+メッセージ」のダウンロードはこちら→ 随時更新

iPhoneとiPadは、iOS9以降の端末が対象です。

Android版のプラスメッセージダウンロード

GALAXYやXperiaでプラスメッセージをダウンロードするには、各携帯キャリアのサービスからダウントードする必要があります。

しかし、Androidの場合は、2018年5月以降に発売する新端末に関しては、購入時からプラスメッセージアプリがプリインストール(初めからインストール済み)されています。

プラスメッセージアプリがリリースされる前の端末を使っている方は、キャリアごとのサービスでプラスメッセージアプリをダウンロードする必要があります。

Android端末は、Android4.4以降の端末が対象です。

KDDI(au)

auのAndroid端末は、「SMS(Cメール)アプリ」をバージョンアップすることで、アプリがプラスメッセージに変わり使用可能になります。

ソフトバンク

ソフトバンクのAndroid端末は、「SoftBankメールアプリ」をバージョンアップすることで、アプリがプラスメッセージに変わり使用可能になります。

NTT ドコモ

ドコモのAndroid端末は、アプリをダウンロードする必要があります。

プラスメッセージの機能

プラスメッセージで出来ることをまとめています。プラスメッセージの機能は随時アップデートされるので、その都度情報を更新していきます。

他社携帯電話宛てへのメッセージ

プラスメッセージでは、最大全角2,730文字・絵文字最大全角70文字までのメッセージを送受信できます。
他社の携帯キャリアとも送受信が可能になります。

また、絵文字もプラスメッセージアプリ内で全キャリア統一になっているので、文字化けになることもありません。

写真・動画の送受信

プラスメッセージでは、最大100MBまでの写真・動画の送受信が可能です。

プラスメッセージで送った写真・動画データは、アプリ内に蓄積されるので確認ができます。

プラスメッセージ専用スタンプ

プラスメッセージでは、LINEスタンプのようなかわいい・おもしろいスタンプが用意されています。

プラスメッセージで使えるスタンプは、アプリの「スタンプストア」から無料でダウンロードできます。

プラスメッセージのアプリ配信開始時には、500点のスタンプを提供すると発表されています。

LINEスタンプのように、有料のスタンプなどのビジネスモデルも検討していると発表されているので、今後LINEクリエイターズスタンプのようなサービスも開始されそうですね。

プラスメッセージスタンプ(+メッセージ)の使い方・設定・機能完全ガイド

グループメッセージ

プラスメッセージでは、特定のユーザーを複数人招待してメッセージを送りあえる「グループメッセージ機能」があります。

プラスメッセージのグループメッセージの制限人数は発表されていませんが、おそらく制限なくグループに招待可能だと思われます。

音声メッセージ

プラスメッセージでは、音声メッセージを送受信できます。

ボイスレコーダーなどで録音したデータや、その場で録音した音声をメッセージとして送ることができます。

地図・位置情報の共有

プラスメッセージでは、地図や位置情報の共有ができます。

マップをメッセージとして送信したりできるので、待ち合わせや旅行の打ち合わせに最適な機能ですね。

既読機能

プラスメッセージでは、LINEのように「既読機能」があります。

LINEでは「既読」という文字がメッセージの下に付きますが、プラスメッセージでは「チェックマーク」付きます。

グループメッセージでは、誰が既読したかを個別で確認もできます。

3キャリアからのプレス情報

KDDI株式会社 (以下、au)、株式会社NTTドコモ (以下、ドコモ)、ソフトバンク株式会社 (以下、ソフトバンク) の3社 (以下、携帯3社) は、携帯電話番号だけでメッセージがやり取りできるSMS (ショートメッセージサービス) の機能を進化させた新サービス「+メッセージ (プラスメッセージ)」を、2018年5月9日 (予定) から携帯3社のスマートフォン、タブレットを利用するお客さま向けに提供開始します。

「+メッセージ」は、GSMAで世界的に標準化されているRCS (Rich Communication Services) に準拠したサービスです。従来のSMSでも、他社携帯電話番号宛てに最大全角70文字のテキストと絵文字を送受信することができましたが、「+メッセージ」では、携帯3社のお客さま間であれば、文字数を気にすることなく携帯電話番号宛てにチャット形式でメッセージや写真、動画を送受信できるようになります。また、コミュニケーションを豊かにする専用スタンプや、複数人で同時にメッセージをやり取りできるグループメッセージを楽しむこともできます。

これまで携帯3社は、お客さまがメッセージを送受信する相手先の携帯電話会社を意識することなく快適にご利用いただけるよう、SMSの相互接続や、絵文字の共通化などメッセージサービスの拡充を図ってきました。このたび、より豊かなコミュニケーション環境を実現することを目的に、「+メッセージ」を提供します。MVNO (仮想移動通信事業者) などへの提供についても、導入希望に応じて検討を進めていきます。

今後、携帯3社は「+メッセージ」について、メッセージサービスにとどまらず、企業からお客さまへの大切なお知らせや各種手続きなど企業と個人間のコミュニケーションを円滑にするサービスの導入を検討し、総合的なコミュニケーションプラットフォームへ拡張する予定です。

引用:au(KDDI)ニュースリリース




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です