楽天が携帯キャリアに参入した後の「楽天モバイル」はどうなるの?

楽天モバイル,第4の携帯電話会社,携帯キャリア




携帯キャリア事業への新規参入を表明して以来、巷を騒がせている楽天ですが、実際に楽天が携帯キャリアに参入すれば「楽天モバイル」はどうなるの?と思っている方も少なくないかと思います。

そこでこの記事では、楽天が携帯キャリアに参入した後の楽天モバイルについて、現在の状況を詳しくまとめながら今後の予想をしていきたいと思います。

楽天携帯に関する最新情報はこちら

楽天携帯2019年末にサービス開始。13年ぶりの携帯電話参入

2018.04.06

楽天の携帯キャリア事業参入について

これまでは、仮想移動体通信事業者(MVNO)として携帯電話サービス「楽天モバイル」を提供していた楽天ですが、2017年12月14日に、本格的に携帯キャリア事業への新規参入を目指すことを発表しました。

今後、楽天は周波数の割り当て申請を行い、総務省からの認可が得られれば国内にNTTドコモ、KDDI、ソフトバンクに並ぶ「第4の携帯電話会社」が誕生することになります。

楽天の携帯キャリア事業への参入が実現すれば、これまで大手3社(ドコモ、au、ソフトバンク)による寡占状態が続いていた携帯市場に、新たな要素が加わることで市場の活性化が見込まれます。

携帯市場がより競争的に活発に動くことで、ユーザーに優しい料金の実現や新たなサービスの打ち出しなどさまざまな効果が期待できますね。

楽天携帯の新着記事はこちら↓↓↓

楽天携帯、新規携帯キャリア事業で価格は月額4,000円検討と発表

2018.03.30

楽天モバイルとは

楽天モバイルは、株式会社楽天が仮想移動体通信事業者(MVNO)として運営する携帯電話サービスです。

NTTドコモから回線を借り入れることで安心のつながりやすさを実現しており、格安SIMサービスの中ではトップクラスのシェアを誇っています。

用語解説:MVNO(Mobile Virtual Network Operator)とは

他社から無線通信インフラ(携帯電話回線など)を借り受けることで、リーズナブルな料金で無線通信サービスを提供する事業者のこと。

現在の楽天モバイルについて

現在の楽天モバイルは、NTTドコモからの安定した回線の借り入れ、それによるリーズナブルな料金でのサービス提供、豊富な自社サービス(楽天スーパーポイントなど)との連携によるサービス展開などから、格安SIMの中でトップクラスのシェアを誇っています。

さらに、2017年11月にはプラスワンマーケティング株式会社(POM社)のMVNO事業を買収したことで楽天モバイルの契約数は140万件を突破し、楽天のMVNO事業での地盤をより強固なものとしています。

今後の楽天モバイルについて

楽天の携帯キャリア事業への参入が正式に決定すれば、楽天モバイルは現在ドコモから借り入れている回線から自社回線に切り替えることが予想されます。

しかし携帯キャリア事業への参入が決定したからと言って、いきなり全国各地に基地局が設置されるわけではありません。そうなった時、はたして料金はそのままでいられるのか、速度が著しく低下したりしないか、よもやサービス終了なんてしないだろうかなど心配ですよね。

もちろん、楽天が自社で安定した回線が得られるまではドコモからの回線の借り入れは続ける、もしくは楽天モバイルは楽天モバイルとしてこのまま今のカタチでサービスを続けていくなんてことも考えられますが。

今後、楽天モバイルが今の利用形態から大きく変わるようなことがあれば、ユーザー離れの一因にもなりかねないので楽天側も慎重に考えているはずです。

回線が切り替わるにしろ変わらないにしろ、ユーザー側に面倒な書類の手続きや利用料金の変更などの負担を押し付けないよう細心の注意を払って臨んでほしいものですね。

関連記事

【注目】楽天が携帯キャリア事業に参入

2017.12.14

楽天携帯、新規携帯キャリア事業で価格は月額4,000円検討と発表

2018.03.30

まとめ

「第4の携帯電話会社」設立を目指すと発表して以来、さまざまなメディアでも取り上げられ、今もっとも注目の大手IT企業「楽天」ですが、新規参入を目指すにはまだまだ課題も多いとの声も上がっています。

2025年までの予算案に対してそんな予算で大丈夫かと言った指摘や、基地局や用地の確保の目途は立っているのか、これで本当に大手3社に対抗していけるのかなどなど。

そんな中で気になったのが、楽天モバイルの今後の展望です。現在ドコモの回線を借り入れているだけに、今後自社の回線に切り替えられるのか?料金は?サービス面での変化は?などさまざまな疑問が浮かんできます。

現状もっともユーザーに関わりの深い話なだけに気になりますが、特に今「楽天モバイル」を利用しているという方は注目せざるを得ませんよね。

2018年の3月頃には周波数の割り当てが決定する予定のようなので、その後の楽天の指針について、また楽天モバイルについて触れられるのかどうかなど、2018年3月以降はさらに楽天の動きに目が離せませんね!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です