国内初!翻訳ウェアラブル「ili(イリー)」先行販売決定!

ウェアラブル翻訳デバイスili,先行販売




株式会社ログバーが、2017年12月6日より最新版の翻訳ウェアラブル「ili(イリー)」を日本国内で初めて先行販売することを決定しました!

先行販売は、「2018台限定」となっており、公式サイトでメール登録をすることで、2017年12月6日より開始される販売開始通知を受け取ることができます。

公式サイトはこちら→ ili(イリー)-ウェアラブル翻訳機

翻訳ウェアラブルili

翻訳ウェアラブルiliは、株式会社ログバーが開発する一方向翻訳端末です。

2017年6月には、アメリカ、中国、台湾などで先行販売しており、3日間という短期間で約1万台もの販売に成功した、世界的にも注目の製品です。

今回は日本国内の個人向けに開発されており、旅行先に合わせ日本語から英語、中国語、韓国語の3言語に切り替えができます。

2018年版ili 3つの進化

2018年版iliでは、以前のモデルから3つの機能が大きく強化されています。

2018年版ili 3つの進化

・1端末で3言語に対応
最新版のiliでは、1端末で3言語(英語、中国語、韓国語)に対応しました。

・バッテリーが3倍以上長持ち
最新版のiliでは、通常使用でバッテリーが3日ほどもつようになりました。

・起動時間が1秒に!
最新版のiliでは、1秒の高速起動で使いたい時にすぐ使えるようになりました。

ウェアラブル翻訳デバイスili,先行販売

製品概要

商品名:ili(イリー)
価格:19,800円(税抜き)
寸法:長さ:121.8mm 幅:33.0mm 厚み:13.0mm
重量:42g
充電池:内蔵型リチウムイオンバッテリー
USB充電時間:約3時間
通常使用時間:3日間

同梱物
・Micro-USBケーブル
・ストラップ
・クイックスタートガイド
・ユーザーハンドブック(取扱説明書)

まとめ

とうとう、翻訳ウェアラブルiliの国内先行販売が決定しましたね。

以前からタイムレスな翻訳デバイスの需要は高まりつつありましたが、この価格、この持ち運びのしやすさで、ちょうどいいものはなかなかありませんでした。

今回は、2018台限定ということですが、2018年3月には一般販売も開始されるようなのでぜひチェックしておきたいですね。

そして、今後ますます需要拡大するであろうウェアラブル市場、どんな商品が出て私たちの生活にどのような影響を与えていくのか、これからも目が離せませんね!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です