WordPress

【WordPressプラグイン】目次を自動生成できる「Table of Contents Plus」の使い方

ワードプレスプラグイン目次

この記事では、記事の始めに目次を自動的に作成できるWordPressプラグイン「Table of Contents Plus」のインストール方法・使い方・ポイントを紹介します。インストールしておくと便利なおすすめのWordPressプラグインです。

今すぐチェックしたい方はこちら→ Table of Contents Plusについて

[box class=”blue_box” title=”こんな人にオススメ”]

  • ブログの記事に目次をつけたい
  • 「Table of Contents Plus」の使い方を知りたい
  • おすすめのWordPressプラグインを知りたい
  • 読者が見やすい記事やコンテンツを作りたい

[/box]

WordPressのプラグインについて

WordPressには「プラグイン」という追加機能があります。

簡単にいうとWordPressをもっと便利に使うための機能です。

SEO対策をしたければ、SEO対策ができるプラグインをインストールすればOKです。

WordPressのプラグインは日々更新されて、今では数万個はあるのではないでしょうか。

ウェブライフでは、膨大にあるWordPressプラグインの中から、本当におすすめできる便利なプラグインを紹介していきます。

Table of Contents Plusについて

Table of Contents Plus(テーブル オブ コンテンツ プラス)は、記事の上部に「目次」を自動的に生成できるWordPressのプラグインです。

このプラグインをインストールすれば、以下のような記事の目次が簡単に作成できます。

目次を表示できるWordPressプラグイン「Table of Contents Plus」の画像

記事に目次があるだけで、この記事はこういう流れで書いているんだ!と伝える事ができます。

また、記事に目次があることで、気になる目次に一気に飛べることができます。読者としても知りたい情報が書いてあるか一目でわかるのは嬉しいですよね。

Table of Contents Plusのインストール方法や使い方を覚えて、もっとユーザーに優しい記事にしましょう。

Table of Contents Plusのインストール方法

Table of Contents Plusをインストールするには、WordPressの管理画面から「プラグイン」を選択しましょう。
そして、左上の「新規追加」をクリックします。

目次を表示できるWordPressプラグイン「Table of Contents Plus」の画像

次に、プラグインを検索するフォームで「Table of Contents Plus」と入力して検索します。

目次を表示できるWordPressプラグイン「Table of Contents Plus」の画像

すると、以下のようなアイコンのプラグインが出てくると思います。似たような名前のプラグインもたくさんあるので、間違えないように注意しましょう。
次に「今すぐインストール」をクリックします。

目次を表示できるWordPressプラグイン「Table of Contents Plus」の画像

Table of Contents Plusのインストールが完了すると、「有効化」というボタンをクリックします。

ここで一点注意ですが、WordPressのバージョンが対応しているかを先にチェックしておきましょう。また、WordPressのテンプレートテーマを利用している場合は、対応しているかを事前に確認しておきましょう。

対応していないと、プラグインを使用できない可能性があります。

目次を表示できるWordPressプラグイン「Table of Contents Plus」の画像

Table of Contents Plusの使い方

Table of Contents Plusが有効化されると、WordPress管理画面の設定のメニューに「TOC+」という文字が現れます。

Table of Contents Plusを設定する場合はここをクリックします。

目次を表示できるWordPressプラグイン「Table of Contents Plus」の画像

「TOC+」をクリックすると、Table of Contents Plusの設定画面が表示されます。

ここで基本的な設定を行います。

目次を表示できるWordPressプラグイン「Table of Contents Plus」の画像

Table of Contents Plusの各種設定について

Table of Contents Plusには、いくつか設定しておく項目があります。難しい項目はないですが、以下を参考に設定して使ってみてくださいね。

[box class=”blue_box” title=”Table of Contents Plusの基本設定”]

  • 位置
  • 目次を表示させる位置を選択します。余程のことがない限り「最初の見出しの前(デフォルト)」で問題ないでしょう。

  • 表示条件
  • 見出しがいくつあったときに目次を自動で表示するかを設定します。見出しとは「h2・h3」などのことを指します。記事にもよりますが4つくらいが妥当でしょう。

  • 以下のコンテンツタイプを自動挿入
  • 目次をどのページに自動生成するかをチェックボックスで指定します。投稿ページだけに目次を生成したい場合は「post」にチェックを、固定ページに目次を生成したい場合は「page」にチェックを入れましょう。

  • 見出しテキスト
  • 目次を違う表現で表示させたい場合はここを編集します。また、目次を表示・非表示にする設定もあるので出来ればチェックしておきましょう。

  • 階層表示
  • 目次の階層を表示します。チェックのままで問題ありません。

  • 番号振り
  • 目次に番号を振ります。こちらもチェックのままで問題ありません。

  • スムーズ・スクロール効果を有効化
  • 目次をクリック・タップしたときにどのようなアクションで移動するかの設定です。流れるように指定の場所まで飛ばしたい場合はチェックを入れましょう。好みなのでどちらでも問題ありません。

  • 横幅
  • 目次の横幅を調整します。こだわりがない場合は、自動のままで問題ありません。

  • 回り込み
  • 目次の回り込み設定です。「なし」で問題ありません。

  • 文字サイズ
  • 目次の文字サイズです。目次の大きさは好みで変更してみましょう。

  • プレゼンテーション
  • どのようなデザインで目次を表示させるかを選択します。私はデフォルトのままで使用しています。

  • 上級者向け
  • 上級者向けの設定になります。余程なことがない限りいじらなくて問題ありません。

[/box]

まとめ

Table of Contents Plusは、目次を自動的に生成してくれる便利なWordPressのプラグインです。

一度設定すれば、普通に投稿を行うだけで自動的に挿入されるのが嬉しいポイントです。

目次を記事に入れることによって、ユーザビリティーもアップします。

内容が濃い記事やコンテンツには、目次は是非入れておきたいですね。

気になった方はこの記事を参考にお試しください!

サイト管理人のWEBディレクターから一言

[voice icon=”http://weblife-now.com/wp-content/uploads/2017/12/kanrinin.png” name=”管理人” type=”l”]

このプラグインは個人的に重宝しています。

毎回執筆する記事の内容が濃くなってしまうので、目次が欲しくなっちゃうんですよね・・・。

色々なメディアの記事を読むときも、目次があると何が書いてあるか一目でわかるので!

また、見出しを抽出して目次化するので、自分の記事の構成がしっかりしているかもチェックできますよ!

[/voice]

ABOUT ME
えぬ
現役のWEBディレクターです。 月間6,500万PVのメディアで業務を行っていました。 サイト制作・集客・SEO・副業で稼ぐ方法など、お気軽にご相談ください!